天理教婦人会

ひながたをたどり 陽気ぐらしの台となりましょう

天理教婦人会 第6次海外人材派遣生募集要項

婦人会は創立百周年の記念事業の一つに人材育成を掲げ、海外伝道に役立つ人材育成について検討を重ねてきました。その中、天理教海外部と青年会が実施している海外人材派遣に取り組むことになり、本年、第6次派遣生を募集致します。

 女性の徳分を活かして、教祖のみ教えを伝えたいとの志を持ち、海外の拠点で伏せ込みながら日本語教師としてつとめる若き道の台の応募をお待ちしています。

 尚、新型コロナウイルスの感染状況に応じて、研修期間、派遣期間が変更になる場合があります。ご了承頂き、ご応募下さい。

●派遣先及び派遣人員
・アメリカ
 (ニューヨークセンター/ニューヨーク天理文化協会)
 1名~2名
・フランス
 (ヨーロッパ出張所/天理日仏文化協会)
 1名~2名

 ・シンガポール
 (シンガポール出張所/天理文化センター)
 1名

●派遣期間
 研修後、2年間
 派遣期間中は、日本語教師をつとめるとともに、拠点(ニューヨークセンター・ヨーロッパ出張所・シンガポール出張所)でひのきしん者としてつとめる

●研修
○期間
 立教185年(2022年)5月末 ~ 立教186年(2023年)1月末(予定)
○内容
 ・講義
 (外国語、日本語教授法、天理教教義等)
 ・修練
 (おてふり、鳴物、祭儀式等)
 ・ひのきしん
 (婦人会本部事務所、天理託児所、婦人会洗濯場等)
 ・布教実習その他
○宿舎
 海外ふるさと寮

●研修までに
 派遣が内定した者は研修までに修養科を修了する。また修養科を修了している場合は直属教会で、一定期間必ず伏せ込む。

●費用
 原則として、渡航費、派遣先での滞在費、研修中の研修費、教材費、寮費、派遣中の保険は婦人会本部、天理教海外部及び派遣先の拠点が負担する。ただし派遣中の保険費用の3分の1は支部負担とする。
 パスポート等本人の所有となる物は個人負担。

●資格
・直属教会長ならびに支部長の推薦する婦人会員。教人の資格を必要としますが現時点で資格のない方はご相談下さい。
(支部長が、所属教会長・親・本人と責任を持って話し合いの上、応募のこと)
・心身壮健で立教185年(2022年)4月1日時点において年齢22歳以上の独身者 (研修中及び派遣期間中の結婚は不可)
・四年制大学卒業以上の学歴を有する者、または立教185年(2022年)3月に卒業見込みの者
(フランス派遣に関しては高校卒業以上の学歴を有する者)
・研修に必ず参加し履修できる者

●応募要項
 海外人材派遣申込書・海外人材派遣志願書・健康調査書(用紙は婦人会本部にあります)、健康調査書、作文「陽気ぐらしにむかって 今の私にできること」(約1,000字)を婦人会本部へ提出のこと。郵送不可。

●応募期間
 立教184年(2021年)8月27日~12月20日

●説明会
 立教184年(2021年)9月26日14時30分~
 ひのきしん寮にて

●面接選考
 立教185年(2022年)1月初旬予定

問い合わせ
天理教婦人会本部
TEL  0743-63-3096
(海外人材育成チーム)